RSS | ATOM | SEARCH
昔ながらの買い物風景も終わり?
奈良市で最古といわれていた公設市場が、
今月末に50年の歴史に幕が下りる。

東大寺転害門の西側にある公設市場

大型スーパーなどの台頭などによって、訪れる客も減り
また、店舗も減ってしまったために閉鎖が決定したということです。

客を増やそうと、近くの大学生がイベントを企画したり
市場の方たちや「きたまち」の方たちとともにイベントをされたり
していたのですが、残念な結果となってしまいました。

昔ながらの買い物風景がなくなるのは、さびしい限りですが
今、大門市場内で営業されている店舗は、市内各地で営業を
続けられるとのことですので、場所は変わりますが、お会いすることは
できますよね。

お店の人とお客さんが
今晩の相談や料理方法などさまざまな会話があった市場の買い物風景

人と人が楽しく会話をしながら買い物を楽しむ場所がなくなっていくのは
残念です。

大門市場では、1月24日11時〜16時まで感謝祭が開催されます。

歌声広場(カラオケ)や無料の健康診断、南京玉すだれや皿回しなどの
イベントや甘酒などの振る舞いもされるようですので、時間があれば
覗きに行きましょう。

また、前日の23日には「大門玉手箱」という古本市も開催されます。

昔見た楽しい買い物風景を体験する数少ないチャンスかもしれませんね。


以前に取り上げた
奈良で最古といわれる公設市場 大門市場

http://blog.e-kotonara.com/?mode=comment&act=captcha

【人気ブログランキング】を利用しています。

近畿地方(奈良)のおいしいお店、便利な施設、イベントなどの情報は、
今すぐ、こちらをクリック! ←カチッ


無料 アクセス解析インプラント



JUGEMテーマ:地域/ローカル


JUGEMテーマ:地域/ローカル


author:イーコト特派員, category:食品スーパー, 10:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.e-kotonara.com/trackback/628710